レシピ

2018/02/28 | その他の商品 牛すじの下処理

牛すじの下処理
低温調理にも使えるVitantonioのヨーグルトメーカー(VYG-11)でじっくり加熱することで、煮くずれないのに、しっかり柔らかな仕上がりに。

温度:63℃
目安時間:40~48時間

※分量、調理時間は実際にご使用になられる食材や調理機器に合わせて調節してください。

レシピ監修:塩山奈央

材料

牛すじ 350g
[調味液]   
     生姜スライス 2、3切れ
     水 200ml
     醤油 小さじ1
     みりん 大さじ2
     塩 大さじ1/2
好みの野菜(大根、人参、長ネギなど) 400g

使用ツール

VYG-11

つくり方

  1. 1. 牛すじはざっと熱湯を通して水洗いし、食べやすい大きさに切り、熱湯消毒した容器に直接入れる。
  2. 2. 調味液の材料を鍋に入れて1分ほど煮立て、容器に加える。
  3. 3. 容器にキャップをはめ、本体にセットし、カバーをする。
  4. 4. 温度と時間を設定し、スタートボタンを押す。時々、牛すじが調味液から出ていないか、様子を見る。牛すじが顔を出していたら、軽く押し込む。
  5. 5. 牛すじと野菜の煮込み:牛すじの下処理が済んだ後、スープと牛すじを分け、スープ全量に水250〜300mlほどを足して味を整え(塩や白だしなど好みのもので)、好みの野菜を柔らかくなるまで煮てから牛すじを加える(牛すじは加熱しすぎると食感が損なわれたり煮くずれるので、最後に加える)。
  6. 6. ※おでんに入れても美味しい。

関連レシピ

関連商品