TORi岡本さんコラム人気フードディレクター・TORiさんの旬の食材を使ったレシピをアーカイブしていきます。

TORi岡本雅恵のVitantonioレシピNo.032≪クリスマススパイスクッキーのアイスサンド≫

こんにちは、TORiの岡本です!
あっという間に12月も半ばにさしかかり、連日クリスマスソングを聞きながら、毎日わくわくした気持ちで過ごしています。

ツリーの飾り付けをしたり、子供たちへのクリスマスプレゼントを考えたり、お仕事やプライベートでも、パーティメニューを考えることが多く、気持ちは慌ただしいですが、大好きな季節なので、色々と張り切ってしまいます。

TORi_column20171220_1sum 今年も、我が家には、毎年恒例のサンタさんがやってきてくれる予定なので、子供たちそれぞれの反応が今から楽しみで仕方ありません。
今、こうして大人の私でも楽しい気持ちでクリスマスを心待ちにできるのは、両親が楽しいクリスマスを作ってくれていたからなんだな、、と、親の立場になってわかることが沢山あります。

先日は、いつも子供達や私たち夫婦のことを気にかけてくれる両親たちに保育園の発表会に合わせて来てもらい、夕方からは一足早い忘年会として、みんなで食卓を囲むことができました!
発表会の話題で盛り上がったり、その日は新鮮なお魚を沢山買ってきていたので、みんなで舌鼓をうったり、サプライズでお誕生日のお祝いをしたり、美味しく楽しいひと時でした。
笑って家族で過ごす時間は本当に幸せだな〜としみじみです。

TORi_column20171220_2sum さて、今回は、ワッフルベーカーのパンケーキプレートを使って、クリスマスブレンドのスパイスを入れたクッキーを作り、お好みのアイスを挟んだアイスサンドクッキーをご紹介したいと思います。

スパイスの入っていないプレーンのお味でももちろん美味しいのですが、せっかくのクリスマスなので、普段とは一味違うスペシャルな味をぜひ楽しんでいただけたらと思います。
全てのスパイスが揃えられなくても、1種類や2種類入れていただくだけで、風味が変わってきますよ。

デコレーションは、リースに見立てて、お好みのドライフルーツやアラザンで仕上げます。
果物を一緒に添えても華やかになるので、おもてなしにも良いかと思います。
飾り付けはお子様とも一緒に楽しめるかと思いますので、ぜひお試しくださいね!
それでは、素敵なクリスマスを!


―――――――――
TORi岡本雅恵のVitantonioレシピNo.032≪クリスマススパイスクッキーのアイスサンド≫


TORi_column20171220_3sum
<材料> クッキー生地約4枚分
薄力粉       70g
無塩バター     50g
きび糖       30g
卵黄        1個分
アーモンドプードル 20g
ココア       10g
塩         少々
ジンジャーパウダー 少々
ナツメグパウダー  少々
シナモンパウダー  少々
クローブパウダー  少々

お好みのアイスクリーム
お好みのドライフルーツやアラザン(飾り用)


<つくり方>
1. ボウルに室温に戻した無塩バターを入れて、白っぽくなるまでホイッパーでよく混ぜ、きび糖を加えて混ぜ、卵黄を入れてさらによくすり混ぜる。
2. 薄力粉とアーモンドプードル、ココア、塩、スパイス類を1のボウルにふるい入れて、ゴムベラでさっくり混ぜ合わせる。
3. 2をラップに包み、冷蔵庫で30分以上寝かせる。
4. 3の生地を5mmくらいの厚さに伸ばし、パンケーキプレートくらいの大きさの丸に型抜きするか、包丁で切る。
5. ワッフルベーカーにパンケーキプレートをセットし、蓋を閉めて予熱しておく。
6. 温まったらプレートに油(分量外)を塗り、4の生地を乗せる
7. 蓋を閉めて5~6分焼く。
8. 柔らかく崩れやすいので、そっと取り出して、クーラーの上にのせて冷ます。
9. 片方にチョコペンやアイシングでクッキー生地にデコレーションして、お好みのドライフルーツやアラザンなどで飾り付けをする。
10. クッキー生地より少し小さめの型でアイスクリームを型抜きして、8と9の生地で挟む。

TORi
大学時代の同級生である岡本雅恵と鷲巣麻紀子によるフードユニット。
食・旅・アートが大好きな2人は、卒業後もそれぞれ会社に勤めながら、
月に1回ほどケータリングやフードイベントなどで活動。
2010年3月に上目黒にcafe&catering TORiをオープン。その後、岡本の出産、
鷲巣の産休を機に一度店舗はクローズし、フードユニットとして活動中。
cafetori.com