TORi岡本さんコラム人気フードディレクター・TORiさんの旬の食材を使ったレシピをアーカイブしていきます。

TORi岡本雅恵のVitantonioレシピNo.035≪ベトナム風エスニックホットサンド≫

こんにちは!TORiの岡本です。

外に出るとぷわんと漂ってくる花々の香り、桜のつぼみも膨らんできていて、暖かさと寒さがいったりきたりですが、春がきたー!と感じる瞬間が増えてきました。
大好きな季節がやってきて、とっても嬉しい反面、年度が変わるこの季節は気持ちも身体もそわそわと忙しく、落ち着きませんね。
お子様たちが春休みに入られた方々も多いのではないかと思います。

TORi_column20180322_1sum 昨年の遅い夏休みに家族で行った、ベトナムはダナンという場所。
雑誌でも取り上げられていたり、ここ数年で飛行機の直行便が出ていたりと、注目が集まるエリアなのですが、私があまりにもよかったよ〜なんて周りに言いふらしていたら、3組も!友人たちがこれから旅行に行く旨を伝えてきてくれました!
この春休み中に遊びに行った友人もいます。

TORi_column20180322_2sum せっかくなのでこちらのコラムでも、少しだけ旅の様子を綴りたいと思います。

ベトナムの中部に位置するダナンは、穴場のリゾート地としても人気急上昇中。
ホイアンという世界文化遺産に登録されている港町も近く、のんびりゆったり過ごすことも、街歩きや観光を楽しみたい方にも、満足出来る場所なんじゃないかなと思います。
私たち家族のように、小さな子供がいるファミリーには本当におすすめです!
子供たちはずーっとプールで遊んでいて、涼しくなった頃に街へふらっとご飯を食べにいき、治安も悪くなく、物価も安く、ベトナムの方々はとても優しかったです。

TORi_column20180322_3sum そして、何よりご飯が本当に美味しくて!!胃が足りない〜!!と何度も思いました。笑
お米文化なので子供の食べるものにも困らないし、フランスの植民地だった時代もあるためパンもとても美味しく、バインミーと呼ばれるベトナムのサンドイッチは、ホイアンにあるベトナムで一番と呼ばれるお店で食べることができて感動ものでした。
ベトナム料理は、甘い、酸っぱい、辛いの絶妙なさじ加減。
お野菜もたっぷりで、ベースはとても穏やかで優しいお味。
そこに調味料などで足していくので、自分の好みや体調と相談しながら好みの味にでき、普段海外旅行中は日本食が恋しくなったりするのですが、今回はまったくならずに楽しめました!

TORi_column20180322_4sum こうして思い出していたら、また行きたくなってきました...笑
そんな旅の思い出を詰め込んだレシピを今回はご紹介したいと思います。

ワッフルベーカーの、スクエアホットサンドプレートを使った、ベトナム風のエスニックホットサンドです!
このプレートで、半熟の目玉焼きを作り、ベトナム風のなますとナンプラーで炒めた甘辛いお肉を一緒に挟んだ、ボリューム満点の食べ応えのあるホットサンドです。
お好みでチリソースを添えても美味しいですよ。ぜひお試しくださいね!


―――――――――
TORi岡本雅恵のVitantonioレシピNo.035≪ベトナム風エスニックホットサンド≫


TORi_column20180322_5sum
<材料> ホットサンド2個分
食パン(10枚切り) 4枚
マヨネーズ     適量
卵         2個
油         適量

(エスニックなます)*作りやすい量
紅芯大根(or普通の大根) 50g
人参           50g
パクチー         お好みで
塩            小さじ1/4
a)
きび糖          小さじ1
ナンプラー        小さじ1/2
レモン汁(orお酢)    小さじ1/2
ブラックペッパー     少々

(豚バラ肉のナンプラー炒め)*作りやすい量
豚バラスライス     120g
にんにく(みじん切り) 少々
醤油          小さじ1/4
きび糖         小さじ1/2
ナンプラー       小さじ1/2
ブラックペッパー    少々
唐辛子         お好みで
植物油         大さじ1/2

<つくり方>
1. まず、エスニックなますをつくる。大根と人参は千切りにして、塩で和えて10分くらいしんなりするまで置く。
2. 1を軽く絞り、合わせておいたa)を入れてよく混ぜ合わせ、お好みで刻んだパクチーを加える。
3. 次に、豚バラ肉のナンプラー炒めをつくる。フライパンに植物油を入れ、にんにくを入れて、香りがしてくるまでじっくり火にかける。(パクチーの根っこが余っていたら、みじん切りにして、この時に一緒に炒める)
4. 豚バラ肉のスライスを加えて、色が変わるまで炒め、醤油、きび糖、ナンプラー、ブラックペッパー、お好みで輪切りにした唐辛子を加えて汁気がなくなるまで絡めるように炒める。
5. ワッフルベーカーにスクエアホットサンドプレートをセットし、蓋を閉めて予熱しておく。
6. 温まったら、油(分量外)をどちらか一方にひき、卵を割り入れて、塩少々ふり、蓋を閉めて4分焼く。
TORi_column20180322_6sum 7. 蓋を開けて、もう一方のプレートに片面にマヨネーズを塗った食パンをおき、その上に、エスニックなます、焼いた半熟目玉焼き、豚バラ肉のナンプラー炒めをのせて、片面にマヨネーズを塗ったもう一枚の食パンではさみ、蓋を閉めて3~4分こんがり焼く。
8. 粗熱が取れたら、半分にカットして完成。
9. もう1個分も同様に6以降の工程でつくる。

*お好みでチリソースを添えても美味しいです!

TORi
大学時代の同級生である岡本雅恵と鷲巣麻紀子によるフードユニット。
食・旅・アートが大好きな2人は、卒業後もそれぞれ会社に勤めながら、
月に1回ほどケータリングやフードイベントなどで活動。
2010年3月に上目黒にcafe&catering TORiをオープン。その後、岡本の出産、
鷲巣の産休を機に一度店舗はクローズし、フードユニットとして活動中。
cafetori.com