TORi岡本さんコラム人気フードディレクター・TORiさんの旬の食材を使ったレシピをアーカイブしていきます。

TORi岡本雅恵のVitantonioレシピNo.040≪いちじくとハニーマスカルポーネクリームのミルクレープ≫


みなさんこんにちは!TORiの岡本です。

8月も下旬ですが、すっかりクーラーを使わない日が増えてきて、夏のギラギラと眩しい空から、すこーんと抜けたような気持ちの良い青空になってきましたね。

夏が好きなので、この季節が移行していく感じは、なんだか切なく少し寂しくもあるのですが、食べ物が美味しいのはダントツ秋!ですかね。
食欲の秋とも言いますし、食べたいものあれこれ、、作りたいものもたくさんです。

tori20180823_1sum この夏は、夫の出張もあって、家族で揃って夏休みというのはなく、一人で二人を楽しませることにだいぶ奮闘しておりました。
実家へ帰ったり、遠方からお友達に泊まりに来てもらったりと、、なかなかハードで私の夏休みなんてものは存在しませんでしたが、笑 少し焼けた二人の子供たちは、成長も著しく、上の子は背がぐんぐんと伸び、弟は、オムツからパンツに変えていこうと奮闘中です。
といっても、私が変えたいというよりは、本人がトイレに行きたいと教えてくれるようになり、試しにパンツを履かせてみたら、ガサガサしないからなのかとっても心地よさそうにしていたので、本人にも聞きながら進めているという感じです。

tori20180823_2sum 我が家は保育園なので新学期というものは存在しませんが、9月が始まると新たな生活がスタートするなと気持ちもしゃんとします。
後半戦もイベント目白押しですしね。楽しんでいきましょう!

tori20180823_3sum さて、今回は今の時期から出回り始めたいちじくを使って、ワッフルベーカーのホットケーキプレートを使いクレープを作り、マスカルポーネクリームと一緒にサンドした、いちじくとハニーマスカルポーネクリームのミルクレープをご紹介したいと思います!

生地をたくさん焼かなければいけないイメージのミルクレープですが、ワッフルベーカーを使うと短時間で、すぐに焼きあがります。
マスカルポーネに蜂蜜を混ぜたクリームを一緒にサンドしてありますが、ゴルゴンゾーラや洋酒を少し加えた大人味も、とてもオススメです。
ぜひお試しくださいね!


―――――――――
TORi岡本雅恵のVitantonioレシピNo.040≪いちじくとハニーマスカルポーネクリームのミルクレープ≫

tori20180823_4sum
<材料> 2個
(クレープ生地 12枚/1個につき6枚使用)
薄力粉   50g
卵     1個
きび糖   20g
牛乳    150cc
塩     少々
溶かしバター(無塩) 5g

(ハニーマスカルポーネ)
マスカルポーネ 50g
蜂蜜      10g

いちじく    1個
くるみ     お好みで適量

<つくり方>
1. ボウルに卵を割り入れ、きび糖、塩を加えてよく混ぜ合わせる。
2. 1に牛乳を加え混ぜ、ふるいながら薄力粉を加え、なめらかになるまで混ぜ合わせる。
3. 2に溶かしバターを加えてよく混ぜ、漉してボウルなどに入れてラップして冷蔵庫で1時間以上寝かせる。(一晩寝かせるとなお良い)
4. ワッフルベーカーにホットケーキプレートをセットして蓋を閉めて予熱しておく。
5. 予熱したプレートに油(分量外)を塗り、3の生地を流し入れて蓋を閉めて約2分焼く。
6. フライ返しなどを使って破れないようにクレープ生地を取り出し、予熱をとる。同様にクレープ生地をつくっていく。
7. ボウルにマスカルポーネと蜂蜜を入れて滑らかになるまで混ぜておく。
8. 薄くスライスしたいちじくを6のクレープ生地の上に乗せて、その上に7のクリームを薄く塗り、その上にクレープ生地を乗せて、またいちじくを乗せて、クリームをのせて・・と5回繰り返す。生地の油分をキッチンペーパーで軽くおさえると組み立てやすい。
9. 8をラップで丸ごと包み、冷蔵庫で冷やす。

TORi
大学時代の同級生である岡本雅恵と鷲巣麻紀子によるフードユニット。
食・旅・アートが大好きな2人は、卒業後もそれぞれ会社に勤めながら、
月に1回ほどケータリングやフードイベントなどで活動。
2010年3月に上目黒にcafe&catering TORiをオープン。その後、岡本の出産、
鷲巣の産休を機に一度店舗はクローズし、フードユニットとして活動中。
cafetori.com