TORi岡本さんコラム人気フードディレクター・TORiさんの旬の食材を使ったレシピをアーカイブしていきます。

TORi岡本雅恵のVitantonioレシピNo.051≪プラムのパブロバ≫


みなさんこんにちは!TORiの岡本です。

なかなか梅雨明けしないどんよりとした曇り空が続きますが、その間にも、夏祭りや水遊びなど、少しずつ夏の気配を感じるようになってきましたね。
夏休みの予定を考えたり、イベントごとを企画したりと、今年の夏も思いっきり楽しんでたくさんの思い出を作りたいなと思っています。

先日、中目黒にあるお友達の花屋さんfarverにて、オーナー夫妻の娘さんと私の娘2人で、"ふたりのおはなやさん"と題した、子供主体のお花屋さんを定休日に開催させていただきました!
toricolumn_20190725_1sum 開店前の準備として、お花を整えたり、手書きのプライスカードを書いてセットし、お店の張り紙を描くことから始まり、オープンしてからもお客様への接客、選んだお花を束ねてお渡しするところまで、しっかりてきぱきと仕事をしている様子を見ることができ、小さな身体で頑張る姿に私はずっと感動で胸がいっぱいでした。

実は私の小さな頃の夢はお花屋さんだったので、お花屋さんという空間に立てたことは、私にとっても嬉しい時間となり、こんな貴重な経験をさせてもらえたことに感謝感謝なのでした。。

娘はといえば、お友達もたくさん駆けつけてくれて、相当楽しかったようですが、普段使わない頭や気持ちを使い切り疲労度もマックスだったようです。笑 

toricolumn_20190725_2sum 今は簡単に情報が手に入り、知った気になったり、行ったような気分を味わえたりしてしまいがちですが、実際に経験、体験することによって、五感をフルに稼働させてわかることの大切さって、人が成長していく上で子供はもちろんのこと、大人にも必要不可欠だと言えることですよね。
そういったことをグングン吸収できるように、心と身体を開いて、たくさんのことを感じて一緒に楽しんでいきたいなと思いました。

toricolumn_20190725_3sum さて、今回のレシピですが、パブロバというニュージーランド発祥のメレンゲ菓子をご紹介したいと思います。
ハンドブレンダーに付属のウィスクアタッチメントを装着することによって、泡立てる機能が手軽にできるようになります!
メレンゲというと繊細で難しそうなイメージですが、泡立ててオーブンで焼き固めるだけなので、思っているよりも簡単。
この時期にたくさん出回る大好きなプラムを使って、見た目も華やかなお菓子に仕上げました。
メレンゲはしっかりと甘さがありますが、砂糖の分量を減らしてしまうとうまくいかないのでご注意を。
今回はその分、酸味のあるフルーツをあわせたり、生クリームも無糖にしています。
メレンゲを大きく焼いてデコレーションケーキのようにしても良いですし、小さいパーツをたくさん作って、グラスに入れてパフェ仕立てにするのも良いかと思います。
ぜひお試しくださいね!


―――――――――
TORi岡本雅恵のVitantonioレシピNo.051≪プラムのパブロバ≫

toricolumn_20190725_4sum
<材料>焼きメレンゲ4枚分
卵白      卵2個分
グラニュー糖  120g
レモン汁    小さじ1/2
コーンスターチ 小さじ1
塩       ひとつまみ

プラム     2個
ブルーベリー  1パック
生クリーム   200ml
粉糖      適量
ミント     お好みで

(プラムソース)
プラム     4~5個
グラニュー糖  プラムの重量の40~50%くらい


<つくり方>
1. プラムソースをつくっていく。プラムをよく洗い、種はつけたまま皮ごと適当な大きさにカットし小鍋に入れて、グラニュー糖をまぶしてそのまましばらく30分くらい置いておく。
2. 1を火にかけて、プラムを潰しながらソースにしていく。煮詰めるとジャムに、時間が短いとソースになる。
3. 粗めのざるで漉して、種を取り除いて完成。
4. 焼きメレンゲをつくっていく。ボウルに卵白と塩を入れ、ツヤがでてピンとツノが立つまで、ウィスクアタッチメントを装着したハンドブレンダーで固めに泡立てる。
5. 通常の泡だて器に持ち替え、4のボウルに4~5回に分けてグラニュー糖を加え、その都度泡立てる。
6. 5にレモン汁とコーンスターチを加えてしっかりと混ぜ合わせる。
7. オーブンを140度に予熱し、クッキングシートをひいた天板にざっくりと4個分に分けてメレンゲをのせ、円形に整える。
8. 140度で50分焼いたら、オーブンを少し開けてそのまま予熱が取れるまで入れておく。
9. 生クリームを泡立てて、焼きメレンゲの上にのせ、プラムやブルーベリー、プラムソースとともに飾り付ける。お好みでミントと粉糖で仕上げる。

TORi
大学時代の同級生である岡本雅恵と鷲巣麻紀子によるフードユニット。
食・旅・アートが大好きな2人は、卒業後もそれぞれ会社に勤めながら、
月に1回ほどケータリングやフードイベントなどで活動。
2010年3月に上目黒にcafe&catering TORiをオープン。その後、岡本の出産、
鷲巣の産休を機に一度店舗はクローズし、フードユニットとして活動中。
cafetori.com