TORi岡本さんコラム人気フードディレクター・TORiさんの旬の食材を使ったレシピをアーカイブしていきます。

TORi岡本雅恵のVitantonioレシピNo.057≪アイシングチョコドーナッツ≫


みなさんこんにちは!TORiの岡本です。

今年は暖冬と言われているだけに、晴れた日のお休みは、子供たちと公園に行くことも多く、凛とした冬の空気が気持ち良くて嬉しくなってしまいます。

toricolumn_20200123_1sum お姉ちゃんは一輪車の練習に余念がなく、下の子はサッカーに最近ハマっているので、ボールを一生懸命蹴ったり追いかけたりと、楽しそうな姿がとても微笑ましいです。

思いっきり身体を動かした後に、帰宅してすぐにご飯の準備ができればいいものの、なかなかそんなスムーズにはいきませんよね。ある日、ご飯だけは炊いておいたので、一冊の絵本を元に、おにぎりをみんなで作ってみることにしました。その絵本の題名はその名も『おにぎりをつくる』。社食でお昼ご飯を担当させていただいている、ブロンズ新社さんから出た新刊で、料理家である高山なおみさんの絵本になります。

toricolumn_20200123_2sum 子供たちは興味津々で絵本を見ながら早速取り掛かります。お姉ちゃんは作ったこともあったので、スムーズにあっという間に出来上がり、できないと思っていた下の子は、絵本を元に、コツを教えてあげたら、すっかり手慣れた様子でおにぎりを握ってくれたのでした!

toricolumn_20200123_3sum 出来立てほかほかのおにぎりの美味しさといったら!子供達は無我夢中で自分の手で握ったおにぎりをほおばり、その美味しさに、もう1個作る〜!と、2個目の制作に取り掛かり、下の子は、パパとママにもつくる!とおにぎりを握ってくれたのでした。

美味しいものを食べたら、誰かに教えてあげたくなるし、美味しいよってシェアしたくなる、そんなシンプルな気持ちを子供たちからもらうことができて、とっても嬉しいおにぎり作りでした。

さて、今回のレシピですが、そろそろ街中でも見かけることが増えてきたバレンタインを意識して、アイシングチョコドーナッツをご紹介したいと思います!子供達も大好きなドーナッツを、見た目にも楽しくトッピングしております。トッピングを色々用意して、子供達とわいわい手作りするのも楽しいですね!小さいサイズで、一気にたくさん短時間で焼けるので、ギフトにも向いていますよ。ぜひお試しください!


―――――――――
TORi岡本雅恵のVitantonioレシピNo.057≪アイシングチョコドーナッツ≫

toricolumn_20200123_4sum
<材料>18個分
卵 1個
a)
きび糖       60g
牛乳        60ml
溶かしバター(無塩)50g

b)
薄力粉       100g
ココア       20g
ベーキングパウダー 小さじ1

(トッピング)
チョコレート         50g
ホワイトチョコレート     50g
アーモンドダイス       適量
ココナッツファイバー     適量
アラザン、チョコスプレーなど 適量
チョコペンシル        適量

<つくり方>
1. ボールに卵を割り入れ、a)を加えてホイッパーでよく混ぜ合わせる。
2. 1のボールにb)の粉類を合わせてふるい入れる。
3. 生地に粉っぽさがなくなるまでよく混ぜ合わせる。
4. ワッフルベーカーにドーナツプレートをセットし、蓋を閉めて予熱しておく。
5. 温まったらプレートに油(分量外)を塗り、絞り袋に入れた3の生地を絞り入れ、(スプーンで生地を落としてもok)蓋を閉めて約4分焼く。
6. 焼きあがったドーナツをクーラーなどに乗せて粗熱をとる。
7. 湯せんで溶かしたチョコレートをドーナツにつけ、お好みでトッピングをする。

TORi
大学時代の同級生である岡本雅恵と鷲巣麻紀子によるフードユニット。
食・旅・アートが大好きな2人は、卒業後もそれぞれ会社に勤めながら、
月に1回ほどケータリングやフードイベントなどで活動。
2010年3月に上目黒にcafe&catering TORiをオープン。その後、岡本の出産、
鷲巣の産休を機に一度店舗はクローズし、フードユニットとして活動中。
cafetori.com