magazine

TORi岡本雅恵のVitantonioレシピNo.069≪クレープ・オ・ショコラ・オランジュ≫


みなさんこんにちは!TORiの岡本です。
年が明けて1月も終わりに近づいてきましたが、いかがお過ごしでしょうか?

IMG_8078.jpg
昨年に続き、色々なことが制限される中で、それでも日々の暮らしを保って生活していくことに、先行きが見えない戸惑いや不安を隠せずにいらっしゃる方がとても多いと思います。いくら、オンラインやweb上でできることが増えたとして、その恩恵は計り知れないものですが、直接会って対話したり、相手の気配を感じて自分に受けながら、関係を成り立たせることが、とても難しくなってしまったなんて、、私もよく気が遠くなってしまいます。 ただ、それを悲観ばかりしていても、何も進めないばかりか、心や身体に不調や悪影響が出てきてしまうので、今の状況を受け入れながらも、自分ができることはなんだろう、と前向きに考え続けることはやめたくないなと思っています。

IMG_8270.jpg
私自身は、携わらせていただいている畑の隣の古民家を、食のアトリエにしようと、奮闘している最中です。食材が豊かなこの地で、四季を感じながら、やりたいことはたくさんあって、夢は膨らむばかりですが、今は、目の前のできることを少しずつ形にしていければいいなと思っております。また、こちらでも色々ご報告できることがあると思いますので、気長にお待ちくださいね!(Instagram ID/@atelier.rom

IMG_6814.JPG
さて、今回は来月に控えたバレンタインを意識して、お家でみんなで食べるクレープのレシピをご紹介したいと思います!いちごやバナナと組み合わせる定番ももちろん美味しいですが、私は個人的に、オランジェットという、柑橘のピールにチョコがけしてあるお菓子が大好きなので、それをイメージして、クレープ・オ・ショコラ・オランジュというチョコレートとオレンジのクレープを作りました。

IMG-8363.jpg ちょっと大人味かな~?と、思いましたが、試作を食べた子供達にも好評でした!娘は自分で盛り付けしたものを嬉しそうに食べていましたよ。ホットプレートの上で、好きな大きさのクレープを焼くことができるので、お子さんにトッピングを任せたりして、みんなで賑やかに楽しめるかと思います。ぜひお試しくださいね!


―――――――――
TORi岡本雅恵のVitantonioレシピNo.069≪クレープ・オ・ショコラ・オランジュ≫

DSC05967.jpg <材料>約13枚
【a】
薄力粉 50g
砂糖 20g
ココア 10g
塩 1つまみ

牛乳 130ml
卵 1個
溶かしバター(無塩)5g
油 適量

(トッピング)
ホイップクリーム(できれば無糖)適量
オレンジ(スライス) 適量
チョコレートシロップ 適量
マーマレード 適量
アーモンドスライス(ローストしておく)少々
チョコレート(スプーンで削る) 少々
粉糖 あれば少々

<つくり方>
1. ボウルに【a】を入れてホイッパーでぐるぐると空気を入れるようによく混ぜ合わせ、卵を割り入れて混ぜる。
2. 牛乳を少しずつ加えて滑らかになるまでよく混ぜ合わせ、溶かしバターを加えてさらに混ぜる。
3. 2のクレープ液を一度ざるでこす。
4. ホットプレートのつまみをMIDに合わせ温め、油をひき、キッチンペーパーでプレート全体になじませる。
5. クレープ液をおたまでプレートに流し入れ、おたまの底の部分を使って、薄く丸く手早く広げる。
6. 約1分加熱し、端の部分がかりっと焼けてきたら、裏返して、さらに30秒加熱する。
7. クレープにマーマレードを塗って折りたたみ、ホイップクリーム、スライスしたオレンジ、チョコレートシロップ、アーモンドスライスなどで飾り付けをする。