magazine

TORi岡本雅恵のVitantonioレシピNo.079≪どら焼きマリトッツオ≫


みなさんこんにちは!岡本です。

image_50746881.JPG 黄色や紅色の鮮やかな紅葉も、だんだんと色がかさっとした茶色に変化し、はらはらと落葉し、一足早く秋の終わりを告げようとしています。朝はマイナス1度という表示を見ることもあり、車のフロントガラスがついに凍るようになりました。来る長い長い冬に備え、少しずつ準備を始めている今日この頃です。

IMG_1606.jpg 先日、お米の収穫祭として、新米をみんなで食べる会が幼稚園で開催されました!みんな総出で田植えから始まり〜園児たちは草刈りや田んぼの管理もしていて、稲刈りも脱穀までも人力で、、壮大なお米の旅の最終章です。 スタッフのみなさんがお米のお供として、野菜のお惣菜を手作りしたものを持ってきてくださり、お米が見えないほどのボリュームに!笑 どれもこれも美味しくて、幸せいっぱいなランチになりました。

IMG_1613.jpg この日は、大豆も鞘から取り出すところから、乾煎りして、ごりごりとすり鉢ですり、粗挽きですがきな粉に仕立て、もち米をお餅にしたものにかけていただきました。香ばしくってしみじみとした美味しさ。子供達は途中の乾煎りした大豆を気に入って、パクパク食べていましたが、笑 この硬くて小さな豆がきな粉になるんだよ〜って、言ってるそばから大人でも不思議な気持ちになります。
自分たちの手で育てたお米を食べながら、園での生活が送れるなんてこの上ない幸せですね。たくさん食べて大きくなってほしい限りです。

IMG_1604.jpg さて、今回のレシピは、どら焼きの皮にたっぷりのクリームとあんこを挟んだ、どら焼きマリトッツオをご紹介いたします。マリトッツオとは??という説明も不要なくらい、今ではメジャーなお菓子になりましたね。もともとはイタリア発祥のもので、パンにクリームを惜しみなく挟んだ伝統菓子とのこと。クリーム部分が多いのもあり、生クリームにサワークリームを加えて、お砂糖も控えめにし、あまり重くならないよう工夫しています。なので、もう一つ食べたい、、とついつい手が伸びてしまうかもしれません、笑 ぜひお試しください!


―――――――――
TORi岡本雅恵のVitantonioレシピNo.079≪どら焼きマリトッツオ≫

DSC06352.jpg <材料>4個分
a)
薄力粉 50g
ベーキングパウダー 小さじ1
b)
卵 1個
砂糖 20g
みりん 大さじ1
水 大さじ1
はちみつ 小さじ1

(サワー生クリーム) *作りやすい分量
生クリーム 100cc
サワークリーム 20g
砂糖 10g

つぶあん 120g


<つくり方>
1. ボウルにサワー生クリームの材料を入れて、ホイッパーで泡立てる。(少し固めに仕上げると良い)冷蔵庫で冷やしておく。
2. ボウルにb)を入れ、よく混ぜ合わせたら、a)の粉類をふるい入れ、粉っぽさがなくなるまで混ぜる。
3. ワッフルベーカーパンケーキプレートをセットし予熱し、油(分量外)を塗り、2の生地を流し入れる。
4. 蓋をして2分加熱する。きつね色より少し濃いめになるまで焼く。
5. どら焼きの皮をそっと取り出し、粗熱をとったら、つぶあんをのせ、冷やしておいたクリームをたっぷりのせて、もう1枚の皮でサンドする。