レシピ

2020/04/15 | その他の商品 たけのことひじきの自家製さつま揚げ

たけのことひじきの自家製さつま揚げ
お魚の白身をすり身にして作った自家製のさつま揚げ。今が旬のたけのこ以外にも、色々な組み合わせで楽しめるメニュー。

写真、レシピ監修:TORi 岡本雅恵

材料(6個分)

魚の切り身(タラなどの白身) 150g
エビ(殻や背わた尻尾をとったもの) 40g
a)
片栗粉 小さじ2
小さじ1
きび糖 小さじ1/4
少々
ブラックペッパー 少々
生姜(すりおろし) 少々
たけのこ(水煮) 20g
ひじき(乾燥) 1.5g(水煮の場合は10g)
いんげん(小口切り) 1本(約8g)

使用ツール

VCR-20

つくり方

  1. 1. 魚の切り身は皮や骨を取り除き、1口大にカットしてから、エビ、a)の調味料と共に、ガラスチョッパーに入れて滑らかになるまで撹拌する。
  2. 2. 1をボウルに移し、水でもどしたひじき、小口切りにしたいんげん、1cm角にカットしたたけのこを入れ、手でよく混ぜ合わせる。
  3. 3. 揚げ油(分量外)を熱し、手に油(分量外)を塗りながら丸め、160~170℃の温度で両面こんがり色がつくまで、よく揚げて油を切る。

関連レシピ

関連商品